ひじの痛み

ひじの痛みは、ひじの関節を包む筋肉の炎症が原因です。テニスでスマッシュした時、手をひねったり、重い荷物を持ったり極端にひじに負担がかかった際に起こる「テニスひじ」と言われる痛みもあります。

患部が熱を帯びている場合には、冷たい湿布で冷やし、それ以外の場合には蒸しタオルやカイロを用いて温めるのが良いでしょう。その他のケアとして、ツボ押しとリンパマッサージは有効です。まずはひじの痛みに効くツボからご紹介しましょう。

「肘髎(ちゅうりょう)」というひじ付近にあるツボです。ひじを曲げてできる横ジワ外側の端にある「曲池(きょくち)」と呼ばれるツボの親指1本分上にあるツボです。親指の腹でじんわりと押しましょう。3~5回押します。肘髎は、腕やひじのリウマチ・神経痛・しびれなどを和らげてくれるツボです。

さて、ひざやひじの関節はリンパ節がある、言うなれば「リンパのターミナル」です。関節周辺のひじのリンパマッサージで痛みを和らげる事が可能です。腕を軽く曲げ、手の甲からひじに向かって軽くマッサージしていきます。手首からひじへ、ひじかた肩へ、リンパの流れに沿って包み込むように優しくマッサージしましょう。ひじにある「曲池」「肘髎」を通過するのがポイントです。

炎症を起こして痛みを伴っているわけですから、強くマッサージしてしまうのはNGです。あくまでもさするようなタッチで行いましょう。

「体のためにしたいこと」のサイトトップへ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る