高血圧・低血圧

高血圧の時、人はのぼせ・倦怠感・肩こり・頭痛などといった症状が、一方低血圧だと疲れ・冷え・不眠といった症状として現れます。生活習慣病などを要因として生じる場合から、体質や自律神経が大きく作用する場合。

様々ありますが、後者の体質・自律神経による血圧のトラブルはツボが得意とするところだと言えます。足先のツボ「太白(たいはく)」が良いでしょう。血圧を正常にコントロールするツボであるとされ、胃のトラブル・糖尿病・動悸・息切れなどにも効果があるとされています。

ツボの位置は足の親指の側面、親指の付け根の下辺りに位置しています。親指の側面をたどっていくと、骨の出っ張りがあるのが分かります。そのすぐ下のくぼみが太白のツボになります。ツボ押しの際は、足の甲をつかむようにして手の親指でツボを押していきます。骨のキワに押し込むように足の指先に向かってやさしいタッチで押すのがポイントです。これを左右3~5回行いましょう。貧血気味だなと感じた時にも効果があるツボですので、ぜひやってみてください。

また、リンパと血液のながれを良くする事も、血圧コントロールには欠かせません。「首のリンパマッサージ」で血圧の安定も図っていきましょう。首まわりというのは、頭のリンパと顔のリンパが合流する地点です。首から鎖骨に向けて右側は左手で、左側は右手で流れを導くようにマッサージしていきます。顔を少し横に向け、胸鎖乳突筋を出すようにして、あご下から鎖骨のあたりまでマッサージしていきましょう。左右それぞれ30秒ずつ行います。血圧の不調には心臓や呼吸器などの病気が原因の場合もあります。

手のしびれや胸の痛みなどの異変も感じているようであれば、必ず医師に相談しましょう。高血圧の時、人はのぼせ・倦怠感・肩こり・頭痛などといった症状が、一方低血圧だと疲れ・冷え・不眠といった症状として現れます。生活習慣病などを要因として生じる場合から、体質や自律神経が大きく作用する場合。様々ありますが、後者の体質・自律神経による血圧のトラブルはツボが得意とするところだと言えます。

足先のツボ「太白(たいはく)」が良いでしょう。血圧を正常にコントロールするツボであるとされ、胃のトラブル・糖尿病・動悸・息切れなどにも効果があるとされています。ツボの位置は足の親指の側面、親指の付け根の下辺りに位置しています。親指の側面をたどっていくと、骨の出っ張りがあるのが分かります。そのすぐ下のくぼみが太白のツボになります。

ツボ押しの際は、足の甲をつかむようにして手の親指でツボを押していきます。骨のキワに押し込むように足の指先に向かってやさしいタッチで押すのがポイントです。これを左右3~5回行いましょう。貧血気味だなと感じた時にも効果があるツボですので、ぜひやってみてください。

また、リンパと血液のながれを良くする事も、血圧コントロールには欠かせません。「首のリンパマッサージ」で血圧の安定も図っていきましょう。首まわりというのは、頭のリンパと顔のリンパが合流する地点です。首から鎖骨に向けて右側は左手で、左側は右手で流れを導くようにマッサージしていきます。顔を少し横に向け、胸鎖乳突筋を出すようにして、あご下から鎖骨のあたりまでマッサージしていきましょう。左右それぞれ30秒ずつ行います。血圧の不調には心臓や呼吸器などの病気が原因の場合もあります。手のしびれや胸の痛みなどの異変も感じているようであれば、必ず医師に相談しましょう。

「体のためにしたいこと」のサイトトップへ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る